SO NO MO NO

JOURNAL

防腐剤フリー(パラベンフリーなど)って本当にいいの?

2021.10.16

こんにちはSONOMONO運営スタッフです。

防腐剤フリー(パラベンフリーなど)という言葉、最近よく見ませんか?

なんとなくお肌に良さそう!と感じて使っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそもそも防腐剤フリー(パラベンフリーなど)って何?

本当にいいの?という疑問にお答えしていきます。

「防腐剤フリー(パラベンフリーなど)」って何?

化粧品は、水を多く含むため雑菌が繁殖する可能性があります。雑菌やカビが繁殖した化粧品を使用すると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そのようなトラブルにならないために、多くの化粧品に配合されるのが防腐剤です。

水が含まれている化粧品には「防腐剤」を、油系の化粧品には「抗酸化剤」を配合する事が、「製品の品質を維持する」上でとても重要とされており、「化粧品は未開封の状態で3年間は品質が変わってはいけない」と言うルールから、防腐剤は必要不可欠であると考えます。

また、防腐剤の種類は様々で、パラベン、フェノキシエタノール、BG、エタノール、ヒノキチオール、安息香酸・・・など多くの種類があります。

その中でも、昔から多くの化粧品に配合されるている防腐剤は「パラベン」となります。パラベンは約100年の歴史があるとされ、少しの配合量で高い防腐効果が期待できること、様々な種類の菌に対しての有効性が期待出来ること、長い使用実績から多くのデータがあることから、医薬品、化粧品、食品に使用されており、防腐剤の中でも特に優秀といえるのではないかと考えております。

防腐剤フリー(パラベンフリーなど)って本当にいいの?

これだけ「防腐剤フリー」「パラベンフリー」のキャッチコピーを聞くと、パラベン=肌に悪いものという印象を受けますが、お伝えしたとおり実際はそうではありません。防腐剤は、雑菌やカビの繁殖を防いただり、腐敗・変色・異臭が発生するのを防いでくれます。

防腐剤の考え方として重要な事は、防腐剤配合化粧品が与える肌へのリスクと、防腐剤を配合していない事によって、雑菌が繁殖してしまった化粧品が与える肌へのリスクです。SONOMONOシリーズは、防腐剤配合化粧品が与えるリスクの方が低いと考え、肌への負担を考えた上で、国の基準値の10分の1以下で防腐剤を配合しております。

また、パラベンフリー化粧品については、パラベンと「違う防腐剤」を配合している場合が多く、パラベンと同等の防腐力を得る為に、防腐剤の配合量を多くしなければいけない場合や、防腐剤として皮膚刺激が強いものもある為、一概にパラベンフリーが安心安全で皮膚刺激が少ないという訳ではないかと思います。

パラベンはかなり低刺激で安全性が高い成分とされていますが、ごく稀にパラベンで湿疹や皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす人がいますので、事前にパッチテストなどで自身の肌との相性をチェックしてみてください。

まとめ

今回は「防腐剤フリー」「パラベンフリー」について簡単にまとめました。パラベンについては防腐剤としての歴史が長く、また多くの実績があり、品質・安全性が高いということ、他の防腐剤と比較すると少ない配合量で防腐効果が期待出来るいうことから、SONOMONOスキンケアシリーズには防腐剤として「あえて」パラベンを使用しております。

現在、お試しいただき易いトライアルセットを販売しております。

初回限定で希望小売価格2,640円(税込)3回分が、ご購入時にクーポンコード「trial」を入力いただくと割引価格990円(税込・送料無料)になります。

ぜひこの機会に一度お試ししてください。ご自身のお肌に合うようでしたら本商品をぜひご利用くださいませ。

■SONOMONOトライアルセット(3回分)

 2,640円(税込)

【容量】(1シートあたり)

Sクレンジングオイル 1.5ml

Sクレンジングソープ 1.5ml

Sモイストローション 1.5ml

Sモイストクリーム 1.5g

https://sonomono-skincare.com/?pid=163405800